PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無暖房住宅

先日の仮設住宅への押入棚の設置から2週間、
その製作活動を振り返って、これまでに手が回らなくてアップできなかった記事を
「メイキング・オブ・押入棚」
として、書いておきたいと思います(備忘録ね)。

が、その前に、閑話休題。

クマ研関連の話題ではありませんが、
1/17の午後、2年次学生たちとともに工場見学に行ったときの様子です。

無暖房住宅外観

行き先は、天童市にあるボスコ.ホームさんの「無暖房住宅」の展示場。

無暖房住宅というからに、果たして
「暖房なしで、どれだけ暖かいのか?」

気になりますよねえ。
データで◯◯℃というのをみても、ピンと来ない・・・。
やっぱり肌で感じてみなくちゃ。

ということで、通常の工場見学は夏休み明けの9月~10月頃なのですが、
雪のある寒い時期を選んでお願いいたしました。
そしていよいよ当日、勇んでGO!

お邪魔したときの外気温は、アメダスデータでは0℃前後。
それに対して内部は建物南側のリビングで22℃、北側の浴室・洗面所で18℃。

体感として、
「思った以上に、あったかいよ~・・・」

学生たちは皆、思い思いに見学させていただきまして、
一段落した後は、すっかりくつろいでおりました。

DSCN7418.jpgDSCN7417.jpg

見学をし、若干の質問をし、すっかり暖まって満足した後、
最後に社長の黒田さんからいただいたお言葉は、

「そんなの無理だとかムダだとか言われても、やってみなくちゃわからない。
是非、自分が思ったことにチャレンジしてほしい。」

無暖房住宅はボスコホームさんのチャレンジの成果なのですね。
勇気が出ます(^^)みんな、くじけそうな時には思い出して奮起してね。

わいわい、がやがや、好き勝手に見学させていただきまして
とても騒がしかったでしょうに(統率がとれずにすみませんでした)
暖かい建物さながら、黒田さんはじめスタッフの皆さんに温かく接していただきまして
とても感謝しております。
どうもありがとうございました。

無暖房住宅の詳細につきまして、興味をお持ちの方は
ボスコホームさんへお問い合わせください。
ちなみに、
ブログ「森のクマさん日記」にてこの展示場の様子がよく分かりますよ~。

ところで、夏は・・・。それも体感してみたいなあ。

| 放射線線量率測定 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kmgilab.blog31.fc2.com/tb.php/22-1e6221d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT